中嶌哲演さん

お願いメッセージ

動画の中のコメント

高浜原発が九州の川内原発についで再稼働されようとしていますが、みなさんはどう考えられますか?
福島のあんな事故が起こった後に、再び再稼働して高浜の原発で大事故でも起こった場合のことを、ぜひ皆さんもイメージしてみて欲しいと思うのです。

私たちは今度の署名運動を決して一部の反対する人達だけが取り組めばいいとは思っていないんですね。
本当に高浜原発(若狭の原発)を動かしていいんだろうかということを、一緒に考え話し合い、そして判断した上で署名をしていただけるような、そういう運動になっていければいいなということを願っているわけです。

みなさんも共にこの署名運動に関わっていただけないでしょうか。

お願いメッセージ全文

この署名活動は一部の反対派だけのものではありません。

キックオフ集会の中でもアピールしたのですが、今回の福井県民署名は一部の反対する人々が押し進めればいい署名活動なんだということは決してありません。なぜなら、福島の原発事故の影響は広域にわたっており、農民、漁民、商店街の人々、町役場に努める人、保育園や学校の教師、病院、福祉施設の看護士、介護士、障がい者、神社や寺院まで、あらゆる人々に及び、12万人以上(復興庁:難者数の推移 [平成26年10月2日]より)もの福島の人達が自分の故郷を捨てなければならなくなってるからです。

福井地裁は原発から半径250km圏内の住民の請求に応えて、原発の運転をしてはならないと判決を下しました。

私は、原子力ムラの人達だけに全ての責任があるとは思っていないんですよ。もちろん根本的には彼らに責任がありますが、いわゆる大量生産、大量消費、大量廃棄の現代文明や、必要神話、安全神話によってマインドコントロールされてきた国民全体は、原発の恩恵を享受してきたわけです。原子力ムラを糾弾したり批判するだけでは済まないことを一般国民一人ひとりが自覚する必要があると思います。

若狭の原発はなにも福井県だけの問題ではありません。若狭の原発の電気は長年関西圏に送られてきました。
関西圏のみなさまは、今までは原発で作られる電気の恩恵だけを受けて来たわけですが、若狭の原発で大事故が起きれば関西圏にも被害が及んでいくことが福島の事故でまざまざと分かったわけですから、自分自身の安全を守る為にも行動を起こすことは必要だと思いますし、都市部の繁栄のためにいわば負の部分として危険な原発を田舎に押し付けてきたわけですから、これからは現地若狭が原発から脱却していく道に連帯した応援をしていくことを考えていただけたらと思います。

若狭の人達は原発に依存しなくてはならないという考えを持たされ、はっきりと再稼働に反対する気持ちや考えを持てない状況にまで追い込まれているということをよくご理解いただいた上で、若狭が原発に依存しないで、どうやったら美しい自然を活かした地域づくりができるのか、みなさんにもアイデアを出して欲しいですし、その取り組みの中で、みなさんに出来る応援の仕方も考えていっていただきたいと思うわけです。

関西中京方面の都市部と若狭が、真の意味で共存・共栄していくためには、美しい若狭の海や自然を守り、都市部の人達に海水浴や観光に来ていただいたり、豊かな若狭の海の幸を安全に食べ続けたいという繋がりこそが大事なんだと思います。

福島で事故が起きた以上は、若狭の原発でも事故が起きることは仮想では無くなりました。事故以前には私たちの反対運動はオオカミ少年のように扱われていましたが、とうとう事故が現実のものとなり、多くの人々が夢から覚め、過酷な現実に目覚めさせられてしまったのです。

今回の署名活動が、原発の問題の過去、現在を知った上で、これから未来に向けてどうしたら良いのか、考えてもらう機会として広がって行くことを願っています。もちろん署名の数も大事ですが、一人ひとりが自分の問題として考え、みんなで話し合いながら、若狭の原発を本当に動かして良いのか判断し、その形としての署名を西川知事に提出することに意味があるんだと考えています。

真言宗御室派 棡山 明通寺 住職
中嶌哲演
2014.9.4

今すぐ署名!と思ったら

福井県の方 署名はこちら → 福井県外の方(日本語でご記入可能な方)署名はこちら→

↓以下の「ツイート」ボタンで情報拡散にご協力をお願いします!↓


一覧に戻る