松下照幸さん

応援メッセージ

松下照幸さん応援メッセージ

応援メッセージ全文

 美浜町は、脱原発を言わなくても、脱原発せざるを得ない現実になっています。私の方は、廃炉をどのように進めたら良いか、使用済み燃料をどう扱うべきか、美浜町の経済的自立をどうしたらよいか、などに没頭しています。苦難の道です。

 原発を作ることが出来ても、廃炉をどうするか、放射性廃棄物をどう処分するかを決めることができませんでした。故に、我々が使うエネルギーの後始末を、次世代の人たちに押しつける身勝手さ・愚かさ・無責任さを、原発は抱えています。加えて、基準地震動の決め方に、明確な「耐震偽装」が行われています。耐震安全性を、新品の材料を使って評価しています。安全審査は、1カ所の破損しか想定していません。

 自民党政権と電力会社が結託して、利権維持のためだけに、危険な原発の「再稼働」をしようとしていますが、私には、とても許すことは出来ません。

 廃炉に関しては、美浜町はその先頭を走ることになります。そういう時代を意識し、私は、皆さんとは少し違う脱原発活動に猛進しています。かつては立地自治体だけの脱原発活動に過ぎなかったことが、チェルノブイリ事故により都市部の人たちとつながりました。福島事故以降は、都市部で大きな脱原発運動が組織されるようになりました。脱原発世論の誕生です。「都市部で使う電力を過疎地に押しつける」という原発の構図に沿った運動になりつつあることを、とても歓迎しています。

 美浜町の経済は、日本のローカル自治体の経済的疲弊を共有しています。その上に、美浜町の特異性が乗っかっています。美浜町が経済的に自立することは、共通する日本のローカル自治体が持つ課題を解決することであり、とても重要なポイントです。

 ローカル経済の自立をいかになしとげるか。それは「地消地産」にかかっていると言っても過言ではありません。「地域で消費する物」は、「地域で生産して使う」という発想です。「地産地消」とは違います。ドイツが意識的にそれを実行しており、ドイツの田舎は経済的にすごく元気です。

 光熱費、住居、食を自給できれば、確実にローカル経済が活きてきます。美浜町の光熱費は、企業活動を含めれば50億円程度になるだろうと言われます。大変な額です。住居も、光熱費同様、県外の大手企業に奪われています。大根1本を買うのにも、他県のの巨大生産地から買っています。これを「地消地産」に切り替えることで、考えを共有することで、大きな勢力を作ることが出来ます。安倍政権の大企業優先政策・一極集中生産システムに真っ向から反発することが、地域経済の活性化につながります。

 「県民署名」には、森と暮らすどんぐり倶楽部として、石地さんに代表して活動してもらっています。その分、私は事業に専念しなければなりません。体は一つしかありませんので、私自身は署名活動には関われませんが、皆さんとともに、脱原発の領域を広げる活動を続けています。

2014/12/1  美浜町 松下照幸

今すぐ署名!と思ったら

福井県の方 署名はこちら → 福井県外の方(日本語でご記入可能な方)署名はこちら→

↓以下の「ツイート」ボタンで情報拡散にご協力をお願いします!↓


一覧に戻る