署名の統計データ

署名の統計データ

福井県内の方のアンケートは、個人の特定を避けるために一部非公開となっております。
※このアンケートは、ネット署名分のみの集計であり、紙での署名の集計は含まれておりませんのでご了承ください。

集計期間 10/8 〜 2/13
福井県内 139 件の回答
福井県外 3046 件の回答
外国語 366 件の回答
(※ページに掲載しているのはアンケートに解答があった場合のみの集計です。)

お住まいの市区町村(福井県内) お住まいの都道府県(福井県外)

chartk1

嶺北 116 85%
嶺南 23 15%

お住まいの国(外国語版)

chartk1

英語 241
中国語 12
韓国語 59
スペイン語 1
ドイツ語 34
フランス語 68

chart

北海道 82 3%
青森県 8 0%
岩手県 36 1%
宮城県 18 1%
秋田県 31 1%
山形県 6 0%
福島県 38 1%
茨城県 42 1%
栃木県 16 1%
群馬県 15 0%
埼玉県 126 4%
千葉県 134 4%
東京都 555 18%
神奈川県 270 9%
新潟県 26 1%
富山県 20 1%
石川県 58 2%
山梨県 13 0%
長野県 37 1%
岐阜県 39 1%
静岡県 50 2%
愛知県 158 5%
三重県 33 1%
滋賀県 97 3%
京都府 177 6%
大阪府 225 7%
兵庫県 167 5%
奈良県 66 2%
和歌山県 16 1%
鳥取県 4 0%
島根県 17 1%
岡山県 25 1%
広島県 32 1%
山口県 32 1%
徳島県 5 0%
香川県 12 0%
愛媛県 27 1%
高知県 15 0%
福岡県 79 3%
佐賀県 4 0%
長崎県 10 0%
熊本県 13 0%
大分県 39 1%
宮崎県 16 1%
鹿児島県 11 0%
沖縄県 20 1%
海外 126 4%

性別   福井県内(左)   福井県外(右)

kchart1

男性 59 50%
女性 58 42%
その他 0 0%

chart2

男性 1259 41%
女性 1559 51%
その他 1 0%

年代   福井県内(左)   福井県外(右)

chartk2

10歳以下 0 0%
10代 0 0%
20代 21 15%
30代 28 20%
40代 27 19%
50代 27 19%
60代 20 14%
70代 4 3%
80代 1 1%
90歳以上 0 0%

chart3

10歳以下 10 0%
10代 15 0%
20代 53 2%
30代 267 9%
40代 495 16%
50代 646 21%
60代 857 28%
70代 342 11%
80代 43 1%
90歳以上 3 0%

一日の署名数   福井県内(左)   福井県外(右)

chartk3
chart4

福井県知事に一言! (福井県内の方より)

もうこれ以上原発に依存し、原発事故の危険性に怯えなければならない様な生活を県民に強いることは止めませんか。子供達に安全な未来を提供するために、勇気を持って切り替える時です。
原発はいりません!
経済的に豊かでも、いつか起こりうる恐怖に怯えながら暮らすことが、知事はできますか?
知事職を退かれても、原発がある福井に住み続けてくれますか?
ご自身の終の住処として、原発がある福井を選びますか?
原発のある町でも、ご自身のお子さん、お孫さんに住む事をお薦めできますか?
どうか、長い目で考えてください。

チェルノブイリや福島が、今でも心痛めている事はご存知ですよね。
私達の安全を是非考えて欲しいと思います。
後世に負の遺産核廃棄物のゴミを残すだけの、原発の再稼動は絶対にすべきではない。
老朽化してるし、原発はもう要らない。
福島の二の舞になるのは嫌だ!
人と原発は共存できません!
県民みんなの声を聞いてください。声なき声までも…
生存権のもんだいです。再稼働反対。
子供や孫、100000年先までの子孫のために・・・全国、全世界において危険や揉め事の元となるものは出来るだけ残したくないです。
命よりたいせつなものなんてありません!!
子供の未来を守りたい。

福島のようになってからでは、遅いんです。

福島原発の現状をみても原発の将来はあり得ない。子や孫、もっと先を考えると本当に恐ろしい。九州では太陽光発電が必要な電力量をオーバーしてしまいそうなので電力会社が買取するのを渋っているとか。国は国民に太陽光発電を勧めておきながら、買取ってもらえるかどうかは電力会社とお客様で決めることなんて無責任なことをいってる。原発を再稼働しなくても大丈夫という状況を作らないためらしい。もうそろそろ本当に国民の、県民の暮らし真面目にを考えてほしい。
福島と同じ事になったらどうするおつもりですか?  絶対に大丈夫なんてありえませんよ。 40年も経っているおんぼろ原発をこれ以上動かすな!! 危なすぎる!!!
原発再稼働を新幹線の前倒しの取引材料にするな!
21世紀初頭の福井県知事として、今世紀の福井県のありようを見通した政策を展開してください。目の前の地元の利益や業界の要望に応えるのではなく、いまの子供たちの未来のために、原発再稼働に「NO」の政策にかじを切ってほしいと思います。
原発がなぜ必要か、一般庶民である私には「なぜか」が分かりません。
福井地震から60年、いつ大地震がおきてもおかしくない状況です。
東日本大震災までは、原発は安全で効率よく発電できるすばらしいもの、と思い込んでいました。
しかし、それは間違いだったと日本中の人が気がついたはずです。
どうか、何よりも県民の命をどう守るかを大切にしてください。
経済のことは、市民も一緒に考えていきませんか?
原発は福井県にとってマイナスイメージ、恐竜でいくら頑張っても無駄になってしまいますよ。ここはきっぱり全国に「原発とサヨナラ宣言」して、西川一誠の男をあげてください。
1日でも早く廃炉にしてください
原発最密集地である福井県から即時停止を表明すること。これが福井県知事としてもっとも重要かつ緊急の仕事だろうと思います。
関東大震災による福島の原発事故により、日本全土、地球規模にわたる放射能汚染が収束することなく今現在も進行中です。
このような状況において原発を動かすことなどあってはならないでしょう。明白です。
これから騙され続けた国民の健康被害が爆発的に露呈されていき、社会も原発に頼るエネルギーの本質に気付かされると思います。
原発は全て終わりにし、とんでもなく無駄な浪費はもうやめにして、真に国民の命を守る方向へ勇気をもって舵をきって下さることを心からお願い致します。
原発がなくてもやっていける福井県に向けて、県民として絶え間ない努力を続けます。
完璧にコントロールできるようになってから、動かすかどうかの議論が始められると思います。
若狭湾の海水温度が,原発のために高くなっていることを放置していいのでしょうか?あまり問題にされることが少ないようにおもわれるこの,温排水が環境にもたらす影響を見積もって下さい.使用後の燃料を始末できないことを気にしないでいられないのと同様に,太平洋の西岸に原発がうようよできそうな話に,日本が原発推進の旗を振るのは自殺行為であることは明らかとは思われないでしょうか.折しも,海水温が高くなったために,猛烈に大きくなった台風がやってきます.
原発の発電コストは世界的に再生可能エネルギーより高くなったことが報告されています。今施設があるからもったいないではなく、長期的視野に立てば原発は事故を起こさなくてもとてつもない負担を地元・県民に押し付ける可能性があります。未来の危険リスクはとても高いものです。
原発を廃炉にする技術の確立、人材育成を促進し、自然による観光・食の発展を若狭を中心に進めていく方が、これからの日本や福井に貢献するのではないでしょうか。
原子力規制員会、IAEAいづれもが防災避難(第5段階防御)を含めた対策がって初めて、原発への対応を論議できる。さらに、使用済み燃料など核廃棄物の処理すらまったく見通せない。安全性について、ハード、ヒューマンエラーの苦い経験がある。老朽化原発にしがみついてもしばらくの間です。よって、いまこそ中止し、若狭には再生エネルギーなど新たな産業を興すべきだ。
なぜ、原発が必要なのですか?命よりも大切なものがあるのでしょうか。
わたしは自分の生まれ育ったこの町で、ずっと安心して暮らしていきたいです。
福島の事故を忘れないで下さい!
福島はまだ何も終わっていません!福井で同じ過ちを繰り返さないで下さい!!
人としての心を忘れないで下さい!!
お金より命
経済より環境
目先より未来
負の遺産を未来の世代に残さないで下さい。その為に今の経済が悪くなっても
貴方の事を無能な知事だったとは歴史が判断しないでしょう。何故か?放射性廃棄物と原発災害は現時点では誰も、どんな技術を持ってしても、完全に無害には処理できないからです。ただ保管して、誰かが、どこかの時代がなんとかしてくれるだろう、との根拠の乏しい希望にすがるのは、無能な為政者のすることです。
安全はお金と引き換えにできません。
子どもたちに安全で安心して生活できる場所を提供して欲しいです。
また、働く場の代替案として原子力に代わるクリーンエネルギーで
関連の事業を展開していって欲しいと思います。
人として正しい判断をおねがします
福島であんな事故が起こって、まだ再稼働しようなんておかしいです。人間として冷静に考えたら、分かることです。人間だって動物です。人間以外に、自分の手で自分の住みかを汚し、壊しているような愚かか動物はいません。よろしくお願いします
脱原発こそがこれからの未来を作ると思います!
絶対に原発を動かさないで下さい!
子供達に安心できる福井県を渡していきたい。年寄り目線でなく、子供目線の政治を!
美しい海をいつまでも
長い道のりになるでしょうが、脱原発のモデルになれるような県でありたいです。
避難訓練が必要な一企業の設備なんてこの世には原発だけ
もう完全に時代錯誤もいいところ
子供の代も避難訓練と不安を抱かせていくんですか?
いいかげん手をひいて新しい福井県に産まれかわって頂きたい!
福井県は幸福度日本一と言われていますが、原発だらけでは世界一嘘偽りの自治体としかいいようがないです。
原発は百害あって一理なしなんですよ!
本当の意味で幸福度日本一になるには原発依存はやめてほしいです!
原子力発電所の再稼動には国民の7割以上が反対しております。福井県民の意見を聞き入れ、脱原発宣言して頂けますようお願い致します。
裕福な生活より
幸福な生活をお願いします
原発再稼働はやめて下さい。
原子力の防災や避難計画報告会をオープンな状態で福井県民、もしくわ近隣の方に、福井県が主催して欲しいです。わかりやすく子どもからお年寄りまでの幅広い方が理解出来るようにお願い致します。
とりあえず舞鶴市長と滋賀県 京都府知事が原発再稼働に大賛成するまで待ってください。
原発再稼働への同意権限を持ちながら、何でも「国の責任でやれ」という知事の姿勢は無責任です。国の方針に何でも従うばかりで自己決定能力のない団体では、地方「自治」体の名に値しません。県として、原発に対する意思表示を明確にして下さい。
そして、知事が原発を再稼働したいというなら、当然県内の原発から出る放射性廃棄物の処理にも責任の一端を担う覚悟を持っていただきたい。その覚悟がなく、国や電力事業者に責任を丸投げするだけなら、再稼働への同意などするべきではありません。
うちには重度の障害者が一人、がん患者が三人います。食費と医療費だけで貧困にあえいでいます。もう原発銀座はこりごりです。
目先のことばかり考えずに、将来のことを考え我々の子孫に負の遺産を残さないでください。
放射能汚染によって、福井県の人たちと自然を絶対に壊さないで下さい。宜しくお願いします。
「100パーセント大丈夫、何があっても原発は100パーセント安全です。」

そう言い切れないのであれば、再稼働なんてやめてください。

自分の子どもや孫や曾孫や…ずっとずっと続く命に対しても安全を約束できますか?嶺南に住まわせようと思えますか?

知事やお偉いさんは原発から離れたところに住んでいるからいいですよね。何かあっても安全ですもんね。

昨年末、原発で事故があった際のヨウ素剤や避難経路について県と町に問い合わせましたが、びっくりするくらい曖昧で、明白な回答は得られませんでした。

福島は他人事ではありません。運が悪かったわけじゃない。どの原発もそうなる可能性があるならば、再稼働はするべきじゃないと思います。

みんなが、安心して暮らせる 地域をつくってください。
もんじゅはこれ以上無理でしょう。動かせる見込みのない物に携わってる人間が、モチベーションを維持できないから、不備が沢山でてくる。廃炉へ追いやってください。税金の無駄。
どうか命を1番大切な福井にしてください。
子供たち、孫たち、子孫、すべての生きもののためにも原発は要りません❗️❗️
お疲れさまです。 未来の世代の幸福な世の中を残してあげるためにも、この豊かな福井に、制御不能な原発はいらないのではないでしょうか?! 再生可能エネルギーこそ、早急にかつ本格的に発電実施の方向に転換するべき時機だと思います。 
原発でお金もうけ早めてください
福島の悪夢をもう二度と繰り返さないでください。福島の事故以降、移住して第二の故郷となった福井は自然の恵み豊かな素晴らしい土地です。自然を穢すことのないエネルギーへの転換を熱望致します。
福島原発事故後も、原発に支えられて「日本一の幸福県」と言っているのは恥ずかしいです。
原発に頼らなくても「日本一の幸福県」と言えるように、県民みんなで舵を切りましょう。
原発に正統性はないと思います。撤去してもらうほかありません。
できないならせめて動かさないで。
もはや原発の安全は有り得ない。国の誤った施策に惑わされることなく、県民の安全第一に再稼働は認めないでください。
再稼働が認められたら、移住せざるを得ません。どうか認めないでください。宜しくお願いします。
再稼働は必要有りません。経済は原発に関係なく停滞しています。日本中災害が頻発しているのを無視し続けるのは、もうやめてください。後世に悪知事として名を残すこと必至です。
福島第一原発の事故を経験した今でも、原発は故郷を傷つけるだけでなく地球上のすべてを傷つける可能性を秘めたものであることがまだ分かりませんか? 国にゲタを預けたふりをして、そのことが分かった上で推進しようとしているなら、あなたは県政史上に詐欺師知事として名を残すことになるでしょう。今ならまだ間に合います。原発集中立地県の知事が原発全廃に踏み切る決断をすれば、多くの国民から賞賛されるに違いありません。
西川福井県知事さま

唐突ですが、原子力発電所にもしもの事があった際、放射能漏れゼロに3日以内に制御できることができますか? ムリな場合、1ヶ月以内にできますか?
今の福島の状況から答えは「No」なことは明らかです。
万が一は起こります。福島がいい例です。
万が一の事態が起こった際、制御できないものを稼働させるのは、反対いたします。
お金は大切かもしれませんが、健康、命のほうがもっと大切です。
県民のことを思う気持ちがお有りであれば、再稼働に踏み切ることは出来ないのではないでしょうか。

どうか、原子力発電所の再稼働はしないように、お願い致します。

平松 郁子

生存権の問題です。再稼働はやめてください。
県民の安全を必ずまもって下さい。事故が起きたら知事さん責任とれますか・?
事故後のこの3年間で、安心して暮らせる地元の土地、大切な家族、知人、多くを亡くしてきました。原発はどう考えても、どう稼働しても、真に安全ではあり得ないですよね?どうか人道的なご判断を、お願い致します。
福島第一原発事故以来、再稼働してはいけないとか、再稼働が必要だとか、様々な意見が飛び交っています。
しかし、それ以前の問題として避難計画も含め、未来の子ども達をどうまもるのか、重篤事故が起きた時どう避難させるのか?
本当に大切なことが置き去りにされているように感じています。再稼働以前の問題として、県民の命をどう守るのか?この根本的な問題を解決して頂けるよう強くお願い致します。
発電コストの低さをうたい文句にしているが、後処理にかかる費用は莫大にものになっている。何のメリットがあって原発を再稼働させようとしているのか
理解できない。後世に負の遺産を残すな!
福井でも事故が起きたら日本ばかりではなく世界中を汚染させます。

安全神話が崩れた今、そんな恥ずかしいことは止めてください。

福井県民として誇り高い判断をしましょう。

福井、大好き!!

子供達の未来にもう原発はいりません。
今度はとことんクリーンな街をつくってください。
原発再稼働絶対に反対です。原発はもういりません。
これ以上、原子力発電に頼った地域にしないでください。
未来の輝かしい県人材育成、住み良い街造り、そして生き生きとした子供の笑顔が飛び交う街、そんな未来を多くの方が望まれています。どうか御英断の程、宜しくお願い申し上げます。
地球上二度の被爆国日本
西川知事さんが本当の生きる人間なら万が一また 同じ
福島県みたいなことを考えたら 原発は中止ですよね 
今 現役の政治家の時に原発中止を検討してくださいそれこそ 立派な政治家と言えますよ
 【追記】
色々と元政治家たちは引退してから 人の子のことを理解して言いますが
現役政治家で無いと後世に名が残る人にはなれません
原発ゼロでも暮らしていけましたよ!
素晴らしい発明であったでしょうが、人間の手でどうしても始末することができないのが原発です。 どうかもう二度とこのような事故が起こらぬよう、もう止める勇気を持ちましょう。 よろしくお願いします。
原発怖い!
福井が変われば
日本が変わり
世界が変わる…

福井県知事西川さんの
歴史的英断を望みます!

私たちは、心配事のないおだやかな暮らしを求めています。
原発は大きな心配事の一つです。
原発がたくさんあるここ福井県から、
新しい日本のあり方を提案する。
それが出来るのが知事さんだと思います。
勇気をもって下さい。お願いいます。
原発がなくても日本の経済は不滅です。証明されています。再稼働は絶対やめてください。
原発反対
一番大切なことは何なのか
経済抜きに一人の人間として、大人として、子供たちの未来を考えた判断をしていただきたいです。
今まだ復興されてない東北の事を想うと辛いです。
世界中の日本の、その中の嶺南だけを見ていると沈没するよ。嶺南の原発で福井県が豊かになることを子どもたちは喜ぶのでしょうか。もし本当に喜ぶとしたらそのような教育をしているからでしょう。子どもたちの、またその子供たちに本当の安全や真の平和を教育するのが行政でしょう。学力一番だからと言って浮かれている場合じゃない。現場の教育者たちは悲鳴を上げている。せっかく学力が高くても、県外の大学に出て県外に就職すれば福井県はただ税金を撒いただけになる。そのほんの一部が県庁目指して入ってくる。その流れは50年以上繰り返している。近年、福井県が少しマスコミで取り上げれるのは福井の開発が遅れたからであり、逆にそれはそれでよかったことになる。何も原発に力を入れることはない。国に方針なんてありゃしないのだから、福井県が一生懸命やっているといった見え見えの姿勢は不要。原発依存度の高い福井県と、米軍依存度の高い沖縄県が重なって見えてくる。政治の風見鶏に振り回されていると大切なものが見えなくなってきますよ。せっかく風力発電や、太陽光発電各社が売電を始めようというとき、各電力会社が一斉に購入に制限を打ち出した。西川さんはこれらを正すべきではないのかね。原発稼働どころじゃないよ。西川さんはそれより県庁の移転先を早く示し、仕上げのゴールを目指せ。駅前観光を目指すならまず県庁移転の狼煙を一日も早く上げよ。
電力の確保は、生活にとって重要な問題であります。しかし、ごみの最終処理の問題が国で決められない現状で、再稼働はあり得ないことです。福井県の経済も、いいかげんに原発依存を見直さなければならないと思います。子供や孫に、安全で美しい日本を残すことは今生きている私たちの使命だと思います。
原発は、全て廃炉に❗ナトリウム研究所は閉鎖してください。❗
縄文時代から、世界の人が目指した日本。その日本の玄関は若狭でした。
私はここに生を受けたことに誇りを持っています。
私個人の誇りではなく、歴史、文化、美しい景色とともに、自然と溶け合って暮らしてきた先祖の誇りも受け継いでいます。
ご先祖様が護ってきた暮らし、ご先祖様が選択せざるを得なかった原発。このスパイラルを解消するのは私たちの世代です。

もうこれ以上、苦しみを後世に受け継ぎたくありません。
後世に、私たちは原発を卒業できたという誇りを、受け継ぎたい。

誇り高い福井県民として、益荒男として、原発を卒業する意思を表明してくださるなら、福井県民は諸手をあげて、あなたをこれからも支持しつづけるでしょう。
よろしくお願いいたします。

被害がある事が確実に分かっているのを、何故に再稼働する必要があるのか?
利権が人権より大事なんですか?
絶対おかしい!
政治的な圧力や、陰謀、営利等の為に、人間を虫けらの様に考えないで下さい。
絶対に反対します‼︎
福島原発事故後の修復もまだなのに、再起動する方向に行くのはとても恐ろしい事だと思います。 原発を政治やお金の道具にしないで頂きたいです。 今も、これから先も子供達が安全に安心して暮らせるように、高浜原発再起動をさせないで頂きたいです。住みよい福井県であり続けて欲しい。福井県に住む皆さんの声に耳を傾け考えて頂きたいです。どうか宜しくお願いします。
私は福井県に生まれ、この地に生まれたことに感謝し、今後もこの地で暮らしたいと心に決めておりますが、原発を近くに抱えて暮らすことだけが気がかりです。
世界一集中立地した現状は仕方ないとして、再稼働の前に核廃棄物や原発の廃炉などの技術を確立していただきたい。幸福度日本一と合わせて日本一安全な県と言えるようになって初めて他にも多い全国に誇る長寿県・食や物づくりの文化が生きると思います。再生可能エネルギーなどより安全で先進的な技術競争が進む今は、その点においても福井県が目指すべき道があると思います。
今や福井県知事の判断は、日本だけでなく世界中が注目しています。原発再稼働ではない新たな路線に切り替え、共に幸せな地域づくりを創造したいとおもっております。
原発がなくても電力は足りるはずです。
福井の美しい自然を保存していくには、原発は必要ないです。
放射性廃棄物の問題はどうするんですか!

福井県知事に一言! (福井県外の方より)

経済的な側面を考えると原発の存在は無視できず、再稼働を望む理由は分からないわけではありません。
けれど、事故は福島第一原発事故だけで終わるわけではないと思います。福井県内の原発でも当然、自己の起こる可能性はあります。
加えて、福井県内の原発は数が多く、事故の確率も高くなると思います。1つの原発でも事故が起こると連鎖的に他の原発でも事故につながり、破滅的な被害を受けます。
福井県はほぼ全滅しても何の不思議もありません。
地震国・火山国のこの国で原発を稼働させること、原発を持つこと自体、とても危険なことだ思います。
どうか、原発の再稼働に同意しないでください。
原発はもう過去の遺物です。福島の教訓を生かして一刻も早い前原発廃炉に向けて動きましょう。廃炉ビジネスは膨大な雇用と投資を産みます。
脱原発に舵を切りましょう。どう考えても原発は分が悪い代物です。将来に禍根を残さないため、今決断する事が貴方(知事)の責務です。勇気を以てご英断ください。
現在、止まっている原発を再稼動しないで下さい。
私は東日本大震災時、福島県南相馬市原町区に住んでいました。
会社勤務時は、神奈川県厚木市に住んでいましたが、退職を機に終の棲家として南相馬市に2005年に家を新築して移住しました。
それが、原発の大事故で再度移住しなくてはならなくなりました。老後の生活設計が原発事故で一瞬に崩れてしまいました。
原発を再稼働すれば、必ず事故が起き、多かれ少なかれ生活が根底から崩れます。再稼働絶対反対です。人間を置き去りにした、経済最優先の世の中を改善し、子孫に良い環境を残す様、ぜひ頑張ってください。大いに期待しています。
福井地裁の感動的な判決をさらに発展させる名誉ある知事になってください。
原発が止まっていても、電力は足りています。どうかこのまま、動かさないでください。ご英断を!
日本は地震大国。いつまたあの悲劇が繰り返されるかわかりません。一度起きたことは二度と起こすことのないよう、対応していってほしいと思います。
判決を尊重してください。、それ以前に、若狭湾の地形を見ると、問題となっている幾つかの断層のほかに、東西のラインを結ぶ、大飯から敦賀原発の半島先端を結ぶ線上の地震、および津波が素人目にも疑われると思うのですが。若狭湾の原発が地震と津波に襲われたら日本は、世界は終わりです。
 我々の子供、孫、・・・と安心して暮らせる日本であってほしい

 

現在、そして未来へむけて素敵な町づくりをお願いします。そのためにも原発再起動させないでください。
日本海側で事故が起これば放射能は偏西風に乗って日本列島全体に広まります。日本がほとんど滅亡します。そのようなことが、東電福島第一原発事故でも可能性がありました。250KM先まで避難が必要になる寸前でした。そのような危険性があるのが原発の再稼働です。このようなリスクとどのようなメリットが釣り合うのですか。電気料金があがる?貿易赤字が増える?たとえ事故が起きなくとも原発は実はコストがほこの電力よりも高いことがわかってきました。廃炉には膨大な費用と年月がかかります。高濃度放射性廃棄物の処分場は福井県にありますか?
今は滋賀県にすんでいますが、びわこのみずを汚染するのは、故郷の福井人と思うと福井出身とは言えません。とても残念です。
使用済み燃料の処分場が決まらないという大問題をかかえての発電所の再稼働などあり得ません。原発をなしくして再生エネルギーの開発のための施設を建設することで新しい未来が開けると思います。福井県こそその最先端に立って日本をけん引すべきではないでしょうか。
原発はいらない!
福井県知事・西川一誠様
貴県ならびに貴県内の原発立地自治体で原発推進・再稼働を唱え、それに向かって活動されている方々は、原発が過酷事故に陥った際に周辺値域にもたらすでありましょう多大な影響、迷惑、犠牲について、まったく顧慮されていないかに見えます。とりわけ、関西の水がめと言われる琵琶湖の汚染は必至で、それによって、どれだけ多くの住民がきれいな水を求めて流浪されることか、ちょっと想像すれば、小学生でも理解できることではありませんか。「原発の経済性」はいまや完璧に打ち砕かれた主張です。「地域経済」の問題は、私の故郷である福島県浜通り同様、これまで30年ほどのあいだに、地域の人たちの心の中に植え付けられた「おねだり体質」と、困難な環境でも何かその値域にきらりと光るものを探し出し、育て、その他の諸条件とネットワーク化を図って、他地域からうらやましがられるほどの値域をつくった飯館村の人たちのような、想像力を育てる努力を怠ってきた結果ではありませんか? 原発がなくなったら、当面食っていけないというなら、それこそ、廃炉特区でも認めてもらい、廃炉が進行している間に、さまざまな知恵を働かして、地域経済が存続できる方向性を模索すればいいではないですか? ぜひ、そのような前向きの方向で福井の将来を展望し、この際きっぱりと原発とは手を切るご決断を切に期待するものです。
原発と人類は共存できません。子供たちに危険な負の遺産を残さないでください。

 どうか原発を再稼働しないでください。不幸を繰り返したくありません。
私は、がん患者の一人です。体調を考えながら、脱原発の活動に毎週金曜日に参加していましたが、闘病で入院を余儀なくされ活動が制限されています。良識的に、倫理観からも、原発は未来に負の遺産を残すことにほかなりません。残された命の最後の私の願いは「平和」「命の大切さ」です。その観点から原発再稼働は全くこれからの国のあり方にプラスになるものではありません。知事という立場で脱原発の立場に立つことは新潟県知事の泉田知事に見られるように、かなりの毅然としただちばであっても、周りからの圧力はすごいことを察することができます。そんな中で、どうか、住民の命を守る側に立った脱原発、再生エネルギーへむけての勇気ある配慮を切におねがいします。
福井県には、まだ原発のない若い頃に旅をしました。古刹明通寺をはじめとする寺々に感動しました。原発が稼働を止めた最近、娘たちと旅行に行きました。食べ物も美味しいし、穏やかでのどかな良いところです。近頃は、放射能のリスクのある太平洋側の魚を避けて福井の魚を買うようにしています。日本人の心の故郷のような福井への旅を楽しみ、福井の産物を味わいたいです。どうか、原発のない福井県を残して下さい。福井県民の命と暮らしを守る立場にあり、日本における福井県の価値を知る西川知事には、是非とも、原発再稼働に反対して頂きたいものです。
福島原発事故から3年6か月以上経過しているにもかかわらず、まだ13万人近くの人が家に帰れない状態が続いている。もし自分と家族がこのような目にあったらと考えると、決してあってはならないことだと思う。原発の決してゼロではない事故を考えると、この日本で原発から撤退するべきでしょう。それでも使用済み核燃料、ゴミ、廃炉の負担が全国民&将来世代の人たちにかかってくることを真剣に考えてもらいたい。
もう世界にまで迷惑をかけるリスクがある稼動は止めよ。
原発建設とその再稼働には経済面での有効性や「クリーンエネルギー」との見方が政治家、経済界、原発誘致と再稼働を進めたい人びとが主張してきました。しかし、そのどれもが偽りであることが福島第一原発の取り返しつかない巨大事故で立証されています。原発にたいしてはどんな「利点」よりまづ命を最優先してその是非を考えることが人間が生き残っていくための知恵だとおもいます。
核と人類は共存できません。福島の事故は最悪東日本すべてに人が住めなくなったかも知れないのです。核廃棄物はすべて未来の世代にのしかかっていきます。あなたには今これを止める力があります。
住民が選んだ首長が住民を殺すことのなきよう、どうか慎重なご判断をお願いします。
人間が管理できない原発はもうやめましょう。
政治家は自分が責任を持てないことはしない、このようなお考えの上で知事のお仕事をなさっていると思います。
再稼働をしないで頂きたいと日本人の一人として思います。
ご理解を宜しくお願い致します。
原発を止める勇気を!
爆発してから後悔してもしょうがありません!
私は福島県民として、お金よりも健康の大切さをうったえます。福島の二の舞になってはいけません!
原発と人類が共存できないことは、福島での原発事故で明らかです。福島では多くの方が原発関連死で亡くなっています。まだ12万7千人もの方が、先の見えない、不住で不安定な避難生活を強いられています。事故が起きてからでは、県民の命や生活を守ることは不可能です。県民の命や生活を守るのは知事の使命です。その使命を果たすためには、原発を再稼働させないことです。経済より人命です。どうか原発を再稼働させないでください。
1県の決断が全国を動かす第一歩に繋がっています。
心ある決断を…
目先の利益に囚われないでください。
次の世代、次の次の世代のことを最優先に。
原発に頼らない暮らしを、今考えていくことが大事だと思います。市民とともに。
絶対の安全を誰も保証できない原発に頼る政治の時代は完全に終わっています。未来に繋がる廃炉と再生エネルギーに活路を見いだすことこそが福井県知事の責務です。
人格権の価値を最優先に置いて原発の再稼働を認めないでください。
再稼働なんてしないでください。
市民が安心して普通の生活が営めるような、そして後世の世代にバトンタッチしていけるような、まともな県政をしてください。
お願いします。
原発を稼働することは、便所のない家を建てること位と同じです。原発の後のごみを福井のどこに捨てるのですか?自然エネルギーの開発に切り替えて下さい。
きれいな海や自然を守ってください。
人を不安にする原発をやめ、安心安全に人々が暮らせるエネルギー転換モデルを福井県から始めてくれませんか
ドイツを見て下さい。自然エネルギーがもう20%を越えています。原発から転換する事ができるかどうか、日本が生まれ変わるチャンスです。
福島第一から放射能の混じってしまった地下水が毎日海へ流れ出ている。そんな状態で再稼働などありえません。
宜しくお願いします。

原発は絶対反対です。

日本は島国、周りに海流があり海流での発電を推進して下さい。

台風、地震、津波、自然災害の多い日本で原発再稼働しようという動きは信じがたいです。
福井の美しい自然を守り、脱原発目指して下さい!

 西川一誠福井県知事にお願いいたします。
 原発の再稼働を認めないで下さい。
 私は福井で発電された電気を使い生活してきました。
福島第一原発事故が起こり、原発がどういう物か調べていくうちに、これはとんでもない物だという事がわかり、今まで何も知らないでいた自分を恥ずかしく思いました。原発で事故が起き、放射能が拡散し現在も福島で被ばくを強いられながら生活されている方がおられます。土地や水や農地が汚染され、それを食べながら暮らす子どもたちがいます。
事故が起きなくとも発電による放射性廃棄物は溜まり続け、私たちの子どもたちや未来に生きる人々に多大な危険物を残す事になっています。
 私たちは、国民の大半は、原発を0にしていこうと言う意見をパブリックコメントで意思を表示しました。福島の原発事故で、放射能の恐ろしさ、人のつながりを破壊する事まで学んだはずですが、残念ながら、国は原発を再稼働しようとしています。
 「電気は足りない」そんなことはなかったということが日本で実証されました。そして、原子力に変わるエネルギーを使う事もできるという事もわかりました。それらが実証された今、もう原発で危険な廃棄物を生み出しながら発電する必要はなくなったのではないかと思います。
 私は京都で生活している者ですが、若狭方面へ仕事で行くこともあり、いつも美味しい海の幸をいただいています。原発立地自治体の方は、原発が無くなると生活が成り立たなくなると危惧されていらっしゃる方もおられると聞きました。原発を再稼働せずとも、これから廃炉作業をすることで30年以上は原発関連の作業があることがわかっています。福井の原発が無くなると雇用が無くなると心配されている方々が、原発無しで安心して暮らせるように私も何か自分にできる事を行動していきたいと考えています。原子力発電を無くすことができるならば喜んでお手伝いさせてください。
 これ以上、放射性廃棄物を増やすことになる、人のいのちを生活を奪う原発の再稼働を認めないでください。
  
今生きるものすべてのため、これから育まれる命・未来のために
再稼働はやめて、共に別の道を考えましょう!!
原発は立地する自治体だけではなく日本だけでもなく、世界全体での問題の火種になっていると考えます。多くの原発がある福井県だからこそ発信できるメッセージを世界に向けて出して下さることを願っています。
再稼働絶対反対です
私は女学校時代九州に住んでいて、長崎原発が落ちた日、ちょうど山の上からキノコ雲を目撃しました。しかし、福島原発事故は長崎原発の何百倍もの放射能をまき散らしたそうじゃないですか!放射能が漏れたら、福井県も福島県と同じ目に遭いますよ。あんな地獄はもうたくさん!
絶対に再稼働させないでほしいです。
私は滋賀県民です。私の住んでいる所は大飯原発から50キロで、福井県庁よりはるかに近いところにあり、びわ湖に面しています。若狭湾には世界一過密な14基の原発があります。原発を運転すれば過酷事故の危険があり、防災計画・避難計画でそれに備えることになっています。福井県知事は滋賀県民の意向を無視して、見切り発車で原発再稼働を承認するような、自ら責任を取れないようなことを決してしないでください。
福井県内の原発のうち、一つでも重大事故を起こせば東海三県も「人が住めない土地」になってしまう!
ましてや、電力事情としても原発は不要である!
ならば危険極まりない原発の再稼働は断じて認めるべきではない!
残念ながら、人々の犠牲の上に、技術は、進歩していく部分があると思います。
医療でも、建築でも、その時、ベストを尽くしていたとしても、事故・被害は起き、そして、改善されていきます。その点は、原子力も同じだと感じます。
ただ、事故が起きた時の被害は、原子力の場合、人数・時間・地域と、とてつもなく大きい。そのリスクを背負ってまでも、必要なものなのでしょうか。
経済の活性化は、健康で幸せな暮らしをするために目指すものだと、私は思います。そう考えたら、何か他に方法があるのではないでしょうか。
今生きている人の将来のため、だけでなく その死後の福井ひいては日本も見据えていただければと思います。
世界人として、責任を持って将来のことを考えていきましょう!
利権の中で暮らし、利権のために人々を苦しめる、それが政治ですか?
フクシマの過酷事故を経験しても、なおかつ原発再稼働⁉︎
とんでもない。
これ以上負の遺産を子や孫に残したくありません。
原発はすぐ廃炉。
学生時代に訪れた美しい滋賀県を思い出します。keep continue.
原発を再稼働しないで下さい。
福島原発事故があった時、私達はどこにも逃げられないと思い知らされました。日本中に原発があることも逃げられないと思った理由の一つですが、なによりわたしが日本人であって日本に住んでいるからです。
今、原発のない生活を取り返し、私たちの日本を大切に次の子ども達へ渡して下さい。お願いします。
原発政策ありきでなく、本当に福井県にとって日本にとってそこに生活する人や動物、自然にとって大事なことなのかもっと大切なものがないのかを考えて考えて下さい。地裁判断を尊重し、日本で最初の勇気ある決断をお願いします。
再稼働を止め、廃炉へと導びかれますことを。
原発の再稼働に断固反対致します。
原発を稼働すれば、事故が起きなくても日常的にトリチウムなどの放射性物質を排出しますし、高レベル放射性廃棄物が出つづけますが、その処理は後世に先送りです。しかも、過酷事故が起きれば、福島第一原発事故を見るとおり、いつになったら収束するのか見当が立ちません。少なからぬ地域住民が、原発内であれば頭の天辺から足の先まで全身を防護具で覆わないと近づけない放射線管理区域のC区域やD区域に相当する所に住まわされているのが現実です。
緊急避難計画があっても、実際には絵に描いた餅で、事故が起きたときには逃げられません。
 日本政府は、去る8月17日、主要全国紙などに「放射線についての正しい知識を。」という全面広告を出しましたが、核開発推進を大前提とする身勝手なICRP(国際放射線防護委員会)の勧告・提言に基づく裏づけの無い非科学的理論がベースになっています。国際的な近年の研究によれば、低線量内部被曝、とくに人工放射性物質による内部被曝が問題であり、WHO(2013)でさえ、福島では原発事故による発がんリスクが高まることを明確に指摘しています。
 ですから、知事さんの明晰なご判断で、再稼働を阻止して下さい。 なまい
皆が安心して過ごせるように。安全な日本を残せるように。
よろしくお願いします。
子どもたちが安心して暮らせるよう、就職や進学で県外に出ても不安なく暮らせるよう、原発の再稼動を認めないで下さい。
福島県で生活が一変しました。子供達は戻ってきません。原発周囲にも放射能が漏れ出ています。
どうか、お金では動かないで下さい。
福井の、美しい風景には
原発は、いりません。
大飯原発運転差止判決文をきちんと読んで下さい。それでも再稼働を認めるとすれば、国民・県民の命と暮らしを第一義にすべき知事の資格はありません。
本来廃炉になるはずの原発をさらに20年も稼働させるなんて論外です!
原子力規制委員会に科学者なんて一人もいないのにどうやって安全と保証できるのですか?
知事がこの様な状態の高浜原発を動かさない判断を国に提示してくれる様強く望みます。
原発がなくても生きていけます。
事故が起きたらたくさんの人が故郷を失います。
福井県民のために原発を止めてください。
フクイチの事故が終息していないのに、事故の原因もしっかり検証されていないのに再稼働かんてあり得ないし、原発立地の福井だけでなく、少なくとも30キロ圏内の自治体にも稼働させたいなら同意求めるべきだ
原発要らない!
いのちを大切に!
どんなに危険な物なのかということを「日本」の「福島」の事故で目の当たりにして、その教訓を活かせないのは、受け止めようとしないのは愚か以外の何物でもありません。「福井県の父」として、国や権力に負けない賢明な判断をお願いします。
次世代に原発は残さない。
原発を稼働させないでください。
民意を大切にして下さい。
もしも福島第一のようなことが起これば、福井県だけの問題でなくなります。
原発をなくし、安心して暮らせる日本を子どもたちに手渡したい。
福井地裁の判決の趣旨を、福井県が率先して実行してください。
福島のあの悲惨な核爆発事故を繰り返してはなりません。
もうこれ以上、愚かなことは、やめて下さい。
冷静な大人の思考の持ち主ならわかるはずです。
「私は、猿の惑星に住む愚かなサルだと自認するので
あれば話は別ですが。」
知事という立場の方にしか出来ない事があります。よろしくお願い致します。
福井の原発で事故が起こるということは、福井一県の問題ではありません。
地図を見れば琵琶湖との距離の近さに驚きます。琵琶湖が汚染されれば(30分で汚染されると語った原発技術者もいました)飲み水を依存している京都・大阪も壊滅です。そのような責任を負える人がいるでしょうか。
原発は未来に大きな負の遺産を残す、もう動かしてはいけないものです。どうか、そうした不名誉な役割を知事が果たすことのないよう、願います。
原発再稼働を認めないでください。電力消費地の大阪からの声など、筋違いとお思いでしょうか? 地元も都市の住民もともに生きてゆく道を探るために、まずは、どうぞ原発を稼働させないでください。
事故が起きてからたてる対策と、起きないように立てる対策。今の原発には、起きないようにたてられる対策がある。それが再稼働しないことだと思います。
原発と人間は共生不可能です。
人間らしく生きましょう。
短い人生なんですから。
いまや、「脱原発」は世界的な潮流です。
この流れに逆らって、万が一、再稼働をすることが有れば、
知事の名誉は、永久に失われるのではないかと、心から心配しています。
どうか、これからの日本を背負って立つ子供たちの健康のためにも、
是非、是非、再稼働を認めないで下さい。
心底より、お願い申し上げます!
よろしくお願いします。
福井県知事様
中学の地理の教科書にもありましたね。覚えておられませんか?
日本は火山国。環太平洋造山帯。壮年期の山脈。地溝帯は今でも動いています。
目先の利害に目を奪われないで正しい判断をしてください。再稼働停止宣言を直ちに出してください。お願いします。
不悔い(ふくい)のために、原発再稼働阻止を率先して下さることを期待します。
再稼働は絶対反対!!!
 事故は必ず起きます。起きたら、故郷に帰れません。あなたは、その責任が取れますか。放射性廃棄物は、処分できません。どうするつもりなのですか。
原発は危険極まりないものであり、原発再稼働「断固反対」です。
原発が危険な存在であることは、福島第一原発の大事故を見て日本国民すべてが知っているはずなのに、その危険な原発を再稼動させようとしている。

使用済み核燃料の処分の方法の決まっていない現在、再稼動すべきではないと判断し、「再稼動を認めない」運動に署名しました。

原発のない福井県、日本を実現しましょう。
将来日本を担う子供たちが放射能汚染の無い安全な環境で生活できるよう、どうぞお考えください。
大飯判決の国富についての考えを重んじ、憲法で守られた人々の権利「安心して暮らすことの出来る世界」のために原発の再稼動をさせず、さらに原発をなくしていく社会へとご尽力くださいますようお願い申し上げます。
原発がなくても電力不足にならずに生活しています。経済よりも人の命を大事にしてください。経済効果というならば再生可能エネルギーで地域の活性化を図ってください。
子孫に多大な負の遺産を残さず、裁判の判決に従い、絶対に再稼動をしないでください。
原発は、危険ゆえ、都会ではなく、地方の過疎地に押し付けられ、しかも、燃料ウラン採掘現地の住民や、原発下請け労働者の被爆、原発立地住民の環境、放射能の影響、100万年ともいわれる、猛毒の放射性廃棄物の管理を子孫にさせるという、差別と、生命への冒涜と思える、原発に反対し、自然エネルギー開発を願っています。
「日本の原発の新規制基準は世界一厳しい」と安倍首相などが言いますが、それは全くの虚言です。
原子力市民委員会座長の舩橋晴俊氏によれば、ーロッパでは次のような規制基準が課されていますが、日本では求められていません。

1.安全上重要な設備の多重性に関しては、独立の4系統がなくてはなりませんが、日本の新規制基準では独立の2系統だけです。
2.コアキャッチャー(原子炉圧力容器外に流出した溶融炉心を格納容器内に貯留する設備)は、ヨーロッパでは設置が義務づけられていますが、日本の新規制基準では設置が要求されていません。
3.格納容器熱除去設備は、ヨーロッパでは設置が義務づけられていますが、日本の新規制基準では設置が要求されていません。
4.原子炉格納容器の頑健性については、ヨーロッパでは大型商用航空機の衝突に耐え、設計圧力を高めた二重構造の格納容器の設置を義務づけていますが、日本の新規制基準では設置が要求されていません。

これで何が世界一厳しい規制基準でしょうか。ヨーロッパ大陸では、アルプス以北では地震は日本のように頻繁ではありません。それなのに、これだけ規制基準を厳しくしています。「フクシマ」を体験した火山地震大国日本での再稼働は絶対に止めて下さい。

原発は核のごみを出します。これから生まれてくる世代に負の遺産を残すことになります。原発は国民へのホロコーストです。

原発は海水温度を上げ温暖化を加速します。また冷却のために多くの電気を必要とします。

元福島県人として、二度と「フクシマの悲劇」と同様なことが起こらないようにするには、再稼働 NO です。
原発は「時代遅れ」です。
再稼働はやめましょう。
未来の世代のためにも、知事の賢明なる決断を要望します。
原発は不経済で危険です。絶対再稼働しないでください。
同じ原発県として、再稼働絶対だめ〜!
自然あってこその地球、日本、地域、人間、だと思います。「だからこそ環境へのインパクトが少ない原発で」は、違うと思います。人はもっとミニマルに生きていける、皆でエネルギーを大切に利用していける時代になってきているんだと思うのです。原発再稼働は安易です。原発大爆発。そのリスクを背負わないで。
一端事故が起これば、生活も生業もコミュニティもずたずたになり自然環境も破壊されます。福井地方裁判所の判決を尊重し、未来の子どもたちのためにも再稼働を認めないでください。現代の知恵を結集して原発がなくても暮らせる道を選択することを望みます。
福井県知事に、滋賀県民を危険にさらす権限はありません。そして、それ以前に、福井県知事は福井県民の命を守る義務があります。
原発再稼働を認めないでください。
再稼働を認めないでください。
くたばれ。
福島の惨禍を決して繰り返さないよう全力を尽くしてください。
原発を稼動すれば、福井県だけでなく、日本をも亡ぼします!
電力会社と、自分の県のお金のために、ふるさとを、そして日本の国を危機に陥らせるようなことは、どうかやめてください。目先にとらわれて、国家百年、千年、万年の計を忘れないでください。
原発再稼働をしないでも日本経済が駄目にならないような方法を一緒に考えましょう!
ウイリアムス春美
もう止めようよ。人を不幸にするだけなんだから。
目先で数円安くなっても、そのあと莫大な「ツケ」が待ってるんだから。
人間が制御出来ないものを、作っては行けません。孫達の将来を難民にしたくありません。国民は皆解っていますいます。オリンピック招致の場で、汚染水は完全にコントロール出来ていますと豪語した首相の大嘘を!国の責任者の大嘘です!トップに立つものがこういう嘘を言っていいのでしょうか?
再稼働反対、隣の岐阜県、同じ日本、同じ地球に住んでる生き物、福井の再稼働反対、地球規模で反対です。
事故が絶対ないということなどありえません。まして東日本大震災後、地殻変動は日本全国で活発化し、どこで何が起きるか予測が難しくなってきています。そして、福島のように、一たび事故が起きてしまったら、『このぐらいの放射能の中なら、生きられますよ。』と、常に呼吸する空気でも、日常の食べ物でも、命の水でも、表示されてる放射線量を気にしながら生きて行く他無くなるのです。先祖が大切に作り上げ受け継いだ肥沃な土壌も荒れ放題に放置され、あるいは肥沃層を剥がされ、豊かな海の恵みも、どんなに美しく見える自然も、全てに放射能がある!と言う痛みを常に心の底に持ちながら、たとえ笑顔でも笑っていても、その奥にある暗雲への痛みと悲しみと絶望を抱えているという、不均衡なバランス感覚で生きていかなければなりません。
今生きている私たちは仕方が無い。でも未来の子供たちを、何の穢れも無く生まれてくる無垢な赤子を、そんな世界に迎え入れるような危険を、県民を守るために立ち上がったであろう知事の貴方がするべきではないと思います。県民の安全と健康を守る英断を是非なさってください。
被爆二世で物性物理学者です。もともと原発は電気を起こすために作られたのではありません、核兵器を作るため施設でした。原子炉の熱を使い電気を起こせば、「核エネルギーの平和利用」と言って、市民の目をくらませてきました。その一方で核兵器の原料プルトニウムを製造してきました。自然界には爆発するウランはウランの中でも0.7%しかありません。99.3%は爆発しない、燃えないウランです。これを少し濃縮し原子炉に入れて反応させると、燃えないウランが中性子を捕獲しプルトニウムができます。これが核兵器の原料です。ところが核兵器の原料を作らない原子炉は研究を辞めさせてきました。こうして今の原発があります。
 さらに使用後の廃棄物だけでなく使用中にも放射性物質を出します、特に見つけられないのはβ線を出すトリチウムなどです。
 食べ物、飲み物を介して摂取する物質による内部被爆を考えると、α、β線の方がγ線よりも怖いのです。α、β線は、それは細胞内の原子分子と反応するから透過できません、反応して原子分子の世界で遺伝子などに壊滅的響を与えます。これが被爆の物理的意味で、内部被ばくの怖さです。
 事故が起こらなくても放出されています、事故になればなおのことです。
福島に来てください。そしてよく見てください。

日本がイスラム国のテロ対象となった今、原発を再稼働させるなんて危険すぎます。どうか再稼働はしないようにお願いします!
原発の爆発は福井県内だけの問題に収まりません。福島が爆発し、更に福井でも爆発したら、私達国民はどこに住んだらよいのでしょう。何を食べたらよいのでしょう。日本全体のことと考えて、どうか福井にある全部の原発を即刻廃炉にしてください!お願い致します!
福島第一原発の現実を直視して、すべての原発を一刻も早く廃炉にしてください。
Do the right thing!
please.
原発の再稼働を認めないでください。
 私は、関西電力大飯原発3,4号機の再稼働差し止めを命じた2014年5月21日の福井地裁判決に対して、心から賛同しております。
 どうぞ、福井県知事のお立場から福井地裁判決を検討されて、現在のみならず将来の県民・国民の生命・財産を護る責務を、また県民・国民に限定されることなくこの地球上のあらゆる生命を人工放射能の影響から護る責務を、果たしていただきたいと願っております。
 刹那県政出なく、子どもや孫とその先の世代へ放射性物質に汚染されない土地、海、空気を手渡せる県政を目指してください。そのためには、県内総ての原発を廃炉にし、そして廃炉に対する技術を確立しながら廃炉をひとつの県の産業にしていく、その技術を日本国内や海外で通用するような企業を確立していくということを目指してください。
 そして、どんどん交代しつつある国のクリーンエネルギー政策へ、地方から圧力を掛けて、再度クリーンエネルギー確立を目指す国を取り戻してください。
 福井は豊かな海の幸地とコシヒカリ発祥の地としての豊かな農産物、そして美しい自然に恵まれた地です。どうぞ、永遠にみなを養え続けられる宝を無くさぬよう。あなたの政策をご期待いたします。
本当に大切なことを見誤らないでください。
過去から学ぶことを忘れないでください。
火山国で生きている事を忘れずに、原発の再稼働はしないでください。
原発事故は、一部のエリアにとどまらず日本中に影響します。
また、生きる基盤を失う可能性がある事業を、目先の利益だけを求めてこれ以上続けることはやめましょう。
既に起きてしまった事故でさえ解決の目処が立っていません。
福島の事故で、何を学んだか?少なくとも人間と原発は、共存しえない。
私は福井に実家があります。若狭の美しい自然を守ることの方が、原発動かすことより素晴らしいことです。原発では地域の発展はありません。福島の事故を繰り返してはなりません。犠牲になるのは住民です。
処分出来ない核のゴミを、地球(身体の中)に埋めたところで何も解決にならない事。原発は動かしてはいけないと思うのでここに署名します。
原発の再稼働を認めないでください
福井地裁判決を尊重し、原発を再稼働しない、という人格権に基づいた施策を要請します。
県知事西川様 日本の為にそして豊かな自然の為にこれ以上原発による汚染は回避してほしい
安全な環境や食料安心して住める 食べれる環境を優先してください
危険な原発は再稼働で無く廃炉に向けた政策を願います
将来の為によろしくお願いいたします

福井県知事 西川一誠様

愛媛県松山市 三好忠一

県知事の最優先職務は県民の安寧を確保することのはずです。フクシマ核災害の再来を防止してください。
20年以上前から、東京電力の原発は安全であるという説明は根拠が不明でした。今、福島の事故の後始末もできない状況を見れば、福井県知事として原発の再稼働を認めてはならないことは明らかだと思います。
原発事故のリスクの甚大さは、他の事故のリスクや原発によるとされる利益と比較対象できる範囲を超えています。
廃棄物処理のあり方を決めないままに再稼働することは、将来世代への責任転嫁です。
住民福祉の増進という本旨に則り、再稼働を認めないで下さい。
目先の利益より
日本 世界の未来に何がいいか 考えて 脱原発という勇気ある決断をしてください
私の故郷は、再稼働第一号になろうとしています。胸の張り裂けそうな思いをこれ以上の人にして欲しくありません。

 どのみち期限がくれば廃炉になる原発。川内原発も10年後にはその運命です。

 今から原発「後」に地域が暮らしていける場となるよう、準備しませんか?

原発以外の電力をお願いします。
原発は容認せずこのまま廃炉にしてください 環境と県民の健康な暮らしを守ってください
福島にならないよう、経済より生命の安全を重視してください!
福島の事故の現状を直視して下さい。稼働を容認するということは、万一の場合の責任を一身に負うことであると肝に、命じ果たすこと。
福島の住民への責任は誰が果たしていますか? 未だに現状は回復されず、苦難の生活をしいています。
再稼働しなくとも、電力は別の方法でまなかうことができます。
どうか、核融合による廃棄物をこれ以上、未来に残すこと、増やすことがないように願います。
悲惨な「福島」が放置され、何も解決されないままの原発再稼働など
狂気の沙汰です。世界が嗤っています。どうか美しい福井が第二の福
島になりませんように。
福島原発事故でも明らかなように一旦事故が発生すれば福島県民だけではなく全国民にさまざまな負担がのしかかってきます.そのことを考えると,立地県の判断で原発を再稼動させるなどということは出来ないはずです.福島の事故は福島県が受け入れた原発なのだから福島だけで解決しなさいというわけにいかないことを考えて,良識ある判断,勇気ある判断を心から望みます.
原発再稼働すれば、再び、未曾有の災害になります。
決して、稼働させてはいけません。
 私は、東京湾で釣った魚を危険なので子どもたちには食べさせていません。事故が起これば、影響は日本全国に及びます。世界といってもよいでしょう。
 あなたが末代まで語り継がれる悪者にならないよう祈ります。
 再稼働を絶対認めてはなりません。
福島原発事故は今なお進行中です。そして大勢の人たちの現在、未来の人生をめちゃくちゃにしてしまいました。その事例をよく調査してください。県知事として何よりも優先すべきは県民の安全・安心ではないでしょうか。原発がなくてもやっていける経済を育成することがこれからの福井県の任務ではないでしょうか。ぜひ、原発再稼働に反対してください。
原発なくてもなんとかなるよ!
一番大事なことは何かを、よ〜く考えて下さい!!
本当に、お願いします。
今こそ知事になった意味が問われますよ。
 放射能という負の遺産をこれ以上、日本に、世界に拡散し、子供たちに押しつけないでください。
西川知事、美しい故郷を、先を見据えた良識ある選択を、期待しております。
わたしたちの子供たちのため、日本の未来のため、断じて原発再稼働反対です。大惨事が起こってからでは遅すぎます。福島と同じことが起こったら、福井県民にも同じ苦しみがやってきます。原発を捨て、新たな再生可能エネルギーの道を進む選択を!
美味しい若狭湾の魚や蟹をいつまでもいただけるように守ってください。もう、三陸や茨城、北海道の魚介は諦めました。北陸の大事な漁協農業を守ることはあなたにしかできません。
原発がなくても生きていけます。
子孫が住み続けられる福井にしてください。
チェルノブイリハートをご存知かと思います。障がいを持って生まれて来た子ども達が、自分の身体をもって目に見えない放射能の被害を証明してくれていると、お思いになりませんか?
障がいの無いお子さんが生まれる確率は20%。障がいのあまりの重さに、生まれてすぐに捨てられてしまう子どもが増え続け、施設を増設。医師や設備が足らず、治療もままならまい。脳や腸が在るべき所でなく頭や背中に風船の様な大きなコブになって付いている赤ちゃん。放射能が人体に及ぼす影響は、計り知れない。
大切なものは、お金ですか?
原発停止のご決断を、福井県知事の名誉にかけて、今こそ行っていただきたいです。
再稼働はしないで下さい。福島の原発事故の悲惨さを忘れないでください。県民を守るのは知事の大切な仕事です。どうぞ人の暮らしを守ることを第一に考えてください
綾部市は福井県と隣接しており」、ひとたび事故が起きれば、大きな被害をこうむるのは必至です。安全な原発などありえません。再稼働などやめて廃炉にするよう求めてください。
県民、国民の安全の為再稼働反対!
原発なしで、安心なく暮らしを!
高レベル廃棄物の安全処分だけでも、数十世代に付けをまわすことになります。そんな権利が現人類にあるのでしょうか。
あなたの「原発やめよう」の決断こそが、あなたと福井県民と日本人、現代人類の金字塔として、未来永劫に人類史に残ることになります。
「人間生活はお金だけではない」という姿勢をどうかお示しください。
「フクシマ」の地名は、不幸な原発事故によって人類史に刻まれました。「フクイ」の地名が不幸な事故により人類史に刻まれないよう、あなたの決断を求めます。
2011年3月に起きた東電福島原発の爆発で、福島県民はもとより、東日本の国民は、過酷な状況に追いやられました。今尚、13万人の人々が避難生活をおくっています。原発や放射能と人類は共存できません。負の遺産を未来の人々に押し付けることも大きな間違いです。福島原発の教訓として、原発の再稼働ではなく、責任の取ることができるエネルギー政策に転換して下さい。福井県知事として、大人の責任を全うすべきです。
川内は再稼動へ向けて進んでいるというニュースを見ました。私は鹿児島も福井も故郷ではありませんが、これは福井や鹿児島だけの問題ではなく、福島を経験した現代の日本人全体の問題です。世界が私たちの決断を見ています。原発はもはや人間にはコントロールできないのだと思います。新しいエネルギー開発へ県を挙げて舵取りを行ってください。そして日本の先陣を切ってください。知事の判断に未来の日本人の運命がかかってます。
原発無くても困らないです。
原発再稼働は歴史に残る愚かな選択。
断固反対します!
原発再稼働絶対反対です。
こんな恐ろしい物を動かそうなんてどうかしてるとしか思えません。

第二の福島になっていいのですか?
ふるさとがなくなってしまいます。

日本と同様、地震が多いカリフォルニア州では、最近1基を永久的に止め、原子力発電所は1基しか残っていません。カリフォルニア州の大きさは日本の本州と同じ大きさに関わらず、人口の少ない1基のカリフォルニア州に比べて、人口密度が高い日本では55基もあるのは異常としか思えません。戦後は米国支配と米国と日本の悪い官僚が仕掛けた原子力発電所かもしれませんが、これからは自分達で考えて自分達で判断して1基でも少なくしていけたらと思います。2011年以降、地震が多い日本なので日本には、なるべく帰らない様にしています。海外からの旅行客もこの事実を知ると驚いています。このままでは日本旅行をお勧めできません。これからも安全で素敵な日本でいて欲しいと願うばかりです。
福島第一原発の事故は世界に未来に対して、
大変な贈り物をしてしまいました。
福井を第2の福島にしないでください。
そして、これ以上、生まれてきたことを喜べないような
国にしないでください。
よろしくお願いします。
福井県の原発は再稼働ではなく、廃炉へ、大阪市民の願いです。
子どもたちのために 原発なしの福井県 お願いします
人間ん未来を人間の想像力で守ってください
原発はなくすべきです、同じ過ちをおかさないでください。絶対にzン善だという保証はありません。日本の国土自体が原発にふむきなのです。三陸の地形は津波の被害も多いのは歴史的にわかっています。再稼働はしないで廃炉にするようお願いします
「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活する事が国富であり、これを取り戻すことができない事が国富の喪失である。」とした福井地裁判決を受け止めて下さい。
電源三法による経済も大切ですが、県民の命も大切です。
今まで、培ってきた原子力の技術は、廃炉にする技術に転換するように、国を導いて下さい。
そして、その廃炉技術を世界に輸出するように、働きかけて下さい。
宜しくお願いします。
 昨年、安倍首相は、福島原発事故の汚染水をはじめすべてがコントロールできているとうそを言ってオリンピック開催国の権利を取りました。耳を疑いましたが、それがいとも簡単に通ってしまった事が、今でも信じられません。
 こんな政府と同じレベルにならないでください。原発再稼動は、日本国破滅への一歩です。大人たちの判断・選択が、将来の子どもたちを安心・安全な国・ふるさとへ導いていくのか、あるいは間逆であるのかその分かれ目になります。是非、子どもたちの未来に、大人たちの責任を見える形で示してください。強く求めます。
エレベーターに乗らず階段を使う。電気製品をなるべく使わない。洗濯は手で。など、電気を消費しない生き方をほそぼそと行ってます。授業でも伝えてます。節電で、環境もクリーンにできると思います。どうか原発を動かさないでください。
原発新規制基準は全然世界で最も厳しい規制基準ではなく、様々な問題点が指摘されています。つまり例えその新規制基準に適合するという審査結果が出されたとしても、福井県民、原発周辺住民の安全が守られるわけでは決してありません。多くの県民が望んでいる放射能によって害されないし自然豊かな環境の中での普通の暮らしを未来永劫続けることができますよう、適切な判断をしてください。
福島原発震災以降、技術的にも、倫理的にも安易な原発再稼働は許されません。まだまだ十数万人の福島の人々が故郷を失い、避難生活を強いられており、しかも放射能汚染被害を被った人々に対する十分な施策が取られていないのが現状です。
経済の一時的短期的利益を重視した政治判断は決して許されるものでありません。
脱原発を実現してください。
人類が踏み込んではならない領域に入ってしまいました。
我々の未来を奪う代物です。
原発の再稼働には絶対反対です。
よろしくお願いします。
福井嶺南の原発からの距離はたったの50キロです。
事故が起これば人ごとではありません!
どうか再稼働することなく、廃炉への選択を県からもお願いします。
大飯原発差し止め裁判の判決文をご存知と思います。
万が一でも事故のリスクがあれば、稼働すべきではありません。
経済的自由より、人の命に基礎を置く、人格権の方が、はるかに優先します。交付金などのメリットは、別の形で政府に要請してください。
単に関電の経営を助けるだけのために、県民だけでなく、半径250KM圏内の何の関わりもない市民を犠牲にしないでください。
負けるな!!悪政に屈するな!!
福井県の子ども達、北陸の子ども達、関西の子ども達、日本の子ども達、彼らの未来を守ってください。知事の英断を、歴史に刻まれる賢明な判断を期待しております。
将来に禍根を残す原発は廃止以外にありません
市民、将来の子供達の為に英断を!
日本国の先駆者になってください。
あなたの一言一句が世界を動かします。原発否定の運動は福島から!よろしくお願いいたします。
人命 いきもの命 環境に甚大な被害を与える可能性を知っていながら
原子力エネルギーにたよる考えは古いと思いませんか?
美しい自然に囲まれ 安心して穏やかに暮らす事はみんなの願いだとおもいます。知事あなた方もきっとそうでしょ?地雷の上におびえながら暮らすような日常や過酷事故の被害を知りながらも「怖い事は考えないよう・・・」みたいな政策ではなく もしも・・・に備えた住民を守る手立てとエネルギー政策を再生可能なエネルギーへシフトする事を宣言し 即刻 原子力再稼動しないで!
の県民の声を政策へ生かす知事でいてください。みんないのちはひとつです。地球もひとつです。どうかあなたの良心の声の耳を傾けてください。
どうぞ おねがいします。
個人個人のいのちは、なによりも、カネよりも、大企業よりも、尊いです。福島の後始末できそうにないではありませんか。原発は、核兵器もそうですが、人間とは共存できないのです。あれこれのシガラミを捨てて、個人として、人間として、考えてくださいね。
原発はとても危険です。
その場の、その時代の一時の利益よりも
代々大切に扱われてきた地や自然、
地を大切に想い、そこに定住する人の命の方が大切です。
福島の事故を念頭に置き、判断の程宜しくお願いします。
住民 関西住民の安全を第一にお願いします
福島の原発事故で、安全神話が完全に崩れ去った今、改めて再稼働はあり得ないと言えます。
原発事故による放射能漏れは地元住民のみならず、日本全体に直接的、間接的に健康被害をもたらします。海洋汚染ともなれば世界規模の問題です。
再稼働はしないでください。
今ががよければよいというわけにはいかない。儲かればよいというわけにはいかない。

 先を考え、社会の安心安全を考えたら、再稼働という選択肢はないと思う。

当面の安全性という幻影に胡坐をかいて、
放射能廃棄物という何世代にも渡る負の遺産を増やさないでください。
原発事故がもう一度起こったら、日本のダメ―ジは計り知れません。
安全なくして人は住み続けることはできません。
原発から撤退する勇気を持って、将来の福井県政を作り上げてください。
再稼働にNOを!
原発怖いので絶対にやめてください!!お願いします!!大切なおじぃちゃんが、福井にいます。大切なみんなの緑や作物もあります!!目先の利益に囚われないで、、絶対にやめてください!お願いします。
福島のような悲劇は、もう2度と繰り返してはいけません。知事の家族、親、兄弟の問題として考えてみてください。仮設住宅に3年も、住めますか?現地に行って、自分の目で見てきてください。
どんなに慎重にしても
原発に、安全はありません。
再稼働せず廃炉の方向で
ご尽力ください!!!
あなたの決断によって子供、孫の世代に禍根を残すのではありませんか?事故はどのように起こるか予想のつかないものです。地震、火山、津波など心の良心に従って決断をお願いします。
すべての命と原発は共存不可能です!!これ以上原発の放射能に脅えて暮らす日本にしてはいけません!!未来に責任ある選択を切望します!!どうか賢明な英断をお願いします。
将来にわたって、すべての国民が安全に健康に暮らしていけることが何より大切です。原発事故が起こったら、国も関電も知事も責任なんかとれません。原発に頼らない福井県政に踏み出してくださることを願います。
いろいろあると思いますが、再稼働しないでください。
私のパートナーが、仕事のために福井に住んでいます。
福島の教訓を生かせられていない現在、原子力発電所の再稼働は危険だということは自明です。
金銭よりも人命や環境を第一に考えていただくよう、お願いします。
若狭湾の原発が事故を起こせば、優勢な風向きの北西風により、東海地方は被害を受けます。大きな事故であれば、日本は東西に分断されるでしょう。
また、使用済み燃料(核のゴミ)の処分方法は決まっておらず、コストも計り知れません。将来代々の子孫に負の遺産を残してはいけません。
福島の事故は終息の目途どころか今も放射能を撒き散らしています。人間の手に負えない危険なものは即刻廃止すべきです。
私は福井県出身と言うと周りの方が気の毒そうに、「あの原発が一杯の」と言われ辛いです。気の毒なのか「雪国だから貧しいのね」と慰められます。
教育水準が高いなど良いところが有りますが、それよりも原発が有名なのが悲しいです。
早く原発を廃炉にして再生可能エネルギーの街として有名な福井になって下さい。
自治体首長としての責任を果たしてください。原発事故以降なのにもかかわらずこの国の政治家の記憶力は狂っているようですから、国に任せて置けない。資本主義社会の前に人権が来ないのか?と常々感じています。

今すぐ署名!と思ったら

福井県の方 署名はこちら → 福井県外の方(日本語でご記入可能な方)署名はこちら→

↓以下の「ツイート」ボタンで情報拡散にご協力をお願いします!↓